カードローンの無利息期間を更に長くするときに注意すべきこと


10月 24, 2016

運転資金を即日融資してもらうには

多くのカードローン会社では、フリーローンは使途自由としている反面、「事業性資金(運転資金など)に用いることは禁ずる」としていることが珍しくありません。カードローン(特に消費者金融系カードローン)の場合、即日融資を利用出来ると言ったメリットがあり、運転資金として不足している分をすぐにでも借りられるのではないかと考えることもあるのですが、上記の制限があるので利用を諦めてしまうこともあります。

即日融資とは、その名の通り「申し込んだその日の内にお金を貸してもらうことが出来る仕組み」ですから、特に事業を営んでいる人にとって「明日の運転資金が欲しい」という状況でも大きな価値があるサービスです。しかし、何度も言いますが事業性資金としての活用が難しい状況であれば運転資金を即日融資することは出来ませんので、他の目的で借りることになります。

つまり、事業性資金としての運用は禁じられている場合があったとしても、「別の名目で即日融資を受けて運転資金に充てる」という方法であれば実質的に運用が可能になります。ただし、この方法は場合によっては追加融資が出来なくなってしまう可能性があるというリスクも負います。

であれば、最初から事業性資金としての運用が認められているカードローンを利用した方が安心できます。絶対数は少ないものの、銀行系カードローンにはそういったものが多く、また即日融資に対応しているものもあるのでこちらを優先すると良いでしょう。
即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!はこちら